冷え性に効果的な成分のまとめを書いていきます。

HOME | サイトマップ
お気に入りに追加
冷え性に効果的な成分
冷え性に効くと言われる成分一覧

冷え性に効くと言われる成分はいろいろありますので、ある程度ピックアップして解説を載せていこうと思います。



「ヘスペリジン」
ビタミンPともいうそうです。これはポリフェノールの一種で陳皮の主成分です。
効能は毛細血管の強化、血中コレステロール値の改善効果、血流改善効果、抗アレルギー作用、発ガン抑制作用などと言われています。
これは多くの冷え性サプリに含まれおり、「ぽぽか」にも「江崎グリコの「αGヘスペリジン」」にも含まれています。


「陳皮」
みかんの皮を日に干したものだそうです。


「ヒハツ抽出物」
(デキストリン・ヒハツエキス)東南アジアに分布するコショウ科の植物で蔓性の常緑木本で、「ナガコショウ」や「ロングペッパー」とも呼ばれているそうです。乾燥物は香辛料として使用されるそうです。こしょうみたいだけど胡椒じゃないものです (笑)
効能は「皮膚表面温度回復作用」や「血行促進作用」、「血管拡張作用」、「むくみ感改善作用」など他にもありますが、主な効果はこうした効果だそうです。


「金時ショウガ」
一般の生姜と比べて小さいのが特徴です。切口は濃い黄色をしているそうです。
ショウガの有効成分といえば「ショウガオール」です。その他「ガラノラクトン」、「ジンゲロール」などが他の生姜に比べ4倍近く?多く含まれているそうです。


「ショウガオール」
主に血流の流れを良くする効果があるそうです.ショウガオールを摂れば、身体の隅々まで血液が行き渡るようになり体が温まるそうです。


「ジンゲロール」
「冷え改善効果」「免疫力を高める効果」「はきえ・頭痛を抑える効果」「コレステロール値を下げる効果」「ダイエット効果」「老化を防ぐ効果」などに効果があると期待されています。

ぽぽか
目的別で選ぶ
  • ぽぽか
  • αヘスペリジン
  • モロミ酢配合
オススメ